静岡県内での生命保険・損害保険の見直し・比較・無料相談なら保険代理店『保険アイマーク』の保険なっとく相談会へ

取扱い保険会社一覧
サイトマップ
保険アイマークTOP保険アイマークとは保険見直しのポイント

保険アイマークとは

保険見直しのポイント

お子様が独立したら

お子様が皆さん社会人になったとき。

お父様、お母様 本当にお疲れさまでした。

肩の荷が降りましたね。

しかしほっとするまもなく、
子育てで使い果たした貯蓄を修復し、
老後の年金生活を豊かに過ごせるかどうかの
大切な時間がすでに始まっているのです。

では、貯蓄、積立の原資はどこから捻出するのでしょう。

当然、今まで子供にかかっていた仕送りが無くなりますね。

そして、もう一つ原資があります。
お子様がいればこそ加入していた
生命保険の減額が大変お勧めです。

でも、ここで減額に潔く踏み切れない感情が
この行為を妨げます。

奥様のお気持ち。

やっと子育てを終えてほっとしたのに、
今度は主人の保険を減額するの?
主人が死んだときの保険金は
私の唯一の支えだったのに・・・

ご主人のお気持ち。

保険金額を下げていいと言ってくれるけれど、
今まで何も使ってこなかった保険に毎月3万円も払ってきたのに。
何も使わないまま今度は減額か?
自分の価値も下がってしまうような感じだなあ。

ご主人が亡くなった場合の
保障が定期保険の場合はそれでも減額しましょうね。

終身保険や養老保険でそれを備えていたなら続ける効果も
高いですね。

でも、今入っている保険が
終身保険なのか、定期保険なのか、養老保険なのか
まず、確認してくださいね。

終身保険だと思っていたけど、
分析してみたらほとんどが定期保険だったという
お客様が本当に多いこと。

保険業界にも問題がありますが、
ほんの一生のうちの1・2時間です。

保険の確認を是非この機会にしてみてください。

保険マスター 村松繁

ページトップに戻る
募集文書番号SL17-5100-0002