静岡県内での生命保険・損害保険の見直し・比較・無料相談なら保険代理店『アイマーク』の保険なっとく相談会へ

取扱い保険会社一覧
サイトマップ
アイマークTOPアイマークとは保険見直しのポイント

アイマークとは

保険見直しのポイント

住宅を購入したら

住宅を購入すると生命保険を減らすことが出来ると聞きました。

こんなふうに相談会の予約が入ることがあります。

そうですね。

住宅を購入する時、
多くの場合
住宅ローンに団体信用生命保険が付随しています。

ご主人のみで住宅ローンを契約し、
そのローンに団体信用生命保険が付帯していれば、
ご主人が万が一の場合、
その保険でローンが完済されます。

家賃を払って今後も暮らすことを考えた場合と比べて
自分で入っている生命保険の保障額は
あきらかに低くして良いと思います。

でも、前提がしっかり保障額の
プランニングをされている場合ですよ。

さて、複雑になるのが、
共働きで
住宅ローンはご主人が負担している場合です。

この場合、ご主人が亡くなれば住宅ローンは
完済されますが、
奥様がなくなった場合は悲劇です。

ローンは残り、収入は半減、
お子様がいらっしゃればその子の面倒をお父様が見ることに・・・

こんなケースでは、
ご主人の保障額を下げながら、
奥様の保障を新たに設定することも頻繁にあります。

それ以外に注意したいのは、
インターネットなどで申込ができる住宅ローンの中には
団体信用生命が必須でない商品があることです。

すべての住宅ローンが団体信用生命の加入を義務付けていないわけですから、
プランニングをする我々は
以前にも増して慎重に団体信用生命の加入状況を確認する必要があります。

以前、同僚のお客様で
住宅を建ててすぐに自殺をなさいました。

団体信用生命にも我々がご案内する生命保険と同様に、
自殺での免責が数年間付いています。

こんなケースもありますので、
住宅購入即、生命保険の減額とするより、
免責期間の数年間は減額を先送りにするのも
安心なご提案なのかもしれませんね。

保険マスター 村松繁

ページトップに戻る
募集文書番号SL17-5100-0002